園について

保育方針

基本理念:人を愛することのできる人になる

①明るく思いやりのある子ども
②神の恵みを感謝できる子ども
③丈夫な身体の子ども
④自分のことは自分でできる子ども
⑤創りだすことのできる子ども
⑥友だちと仲良くできる子どもを育む

 

保育・教育の特色

・キリストの「愛の精神」を基とした、感謝の心、愛の心を育てる保育・教育
(キリスト教の伝道はしていません。)
・園周辺の四季の彩りや、ビオトープでの生き物観察など自然を取り入れた保育・教育
・人とのふれあいを大切にした異年齢児保育、福祉施設や地域との交流、世代間交流
・音楽リズムを取り入れた保育・教育
・B&Gプール、リトミック、運動遊具等を使って体力づくり
・園の畑や田んぼでの栽培活動や調理体験を通して生きる力を育む取り組み

 

主な年間行事

4月 入園式・内科健診
5月 保育参観・親子遠足
6月 歯科検診・花の日集会・施設訪問
7月 園プール開き・七夕まつり・七夕おくり・お泊り保育(年長児)
10月 運動会・芋掘り
11月 収穫感謝祭・内科健診
12月 餅つき大会・クリスマス祝会
1月 郵便ごっこ・お店ごっこ・買物体験(年長児)
2月 豆まき、ちびっこ発表会・新入園児一日入園
3月 ひなまつり会・お別れ遠足(年長児)・お別れ会、卒園記念植樹・卒園証書授与式(卒園式)
通年 誕生会・移動図書館・身体計測・避難訓練・温水プール行き・英語であそぼう・リーベ(運動あそび)等

 

デイリープログラム

デイリープログラム

 

起源・沿革

昭和25年、日本基督教団今津教会と地元有志が、適切な保育体制づくりが急務との使命感のもと「財団法人近江愛隣園」を設立し、「今津病院」と「愛隣保育園」の事業活動が始められました。近年の少子化の進行の中、保育所に期待される役割に適切に対応するため、「財団法人近江愛隣園」から保育所事業を分離し、平成19年4月1日に「社会福祉法人近江愛隣会」を設立しました。

昭和26年4月1日開設(滋児第151号)認可
昭和53年11月4日前園舎へ新築移転
平成11年3月20日乳児室増築、0歳児保育開始
平成14年4月1日長時間(延長)保育開始
平成19年4月1日社会福祉法人近江愛隣会設立
平成23年4月1日現園舎にて保育開始
平成27年4月1日幼保連携型認定こども園となる
平成29年4月1日「愛隣こども園」へ名称変更

▶︎ 定款 pdfダウンロード(311KB)

▶︎役員等報酬規程pdfダウンロード(96KB)

組織図

▶︎組織図(376KB)

 

外部リンク

▶︎ 財団法人近江愛隣園
▶︎ 社会福祉法人 ゆたか会
▶︎ あいりんクリニック
▶︎ 高島市